読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足場倒壊・事故のニュース

足場の倒壊や事故などのネットニュースをまとめています

浅草駅近くの工事現場で足場崩れる 男性3人救助 東京

 3日午前0時5分ごろ、東京都台東区雷門1丁目のビルの工事現場で、足場が崩れた。東京消防庁によると、作業員とみられる20代の男性3人が巻き込まれたが、救助された。全員意識はあり、命に別条はないという。ビルは外壁工事中で、地上から約5メートルの高さにあった足場が崩れたという。現場は浅草駅から約400メートルのビル街。

 近くに住む女性(20)は「ガシャンという大きな音で外に出たら、足場が崩れていた」。女性によると、工事は数日前から連日、夜間に行われており、崩れた足場付近で作業員らが「動くな」「大丈夫か」と大きな声で呼びかけていたという。「がれきの中から作業員風の人が酸素マスクをつけられて運ばれていた」と話していた。

 浅草駅近くの工事現場で足場崩れる 男性3人救助 東京(朝日新聞) - goo ニュース

足場繁売.comなら、樹脂製敷板BANBAN、ブラックターフを肇とした各種ゴムマットが格安で買えます。詳しくは、足場繁売.comへ

強風被害 塗装現場の足場倒壊、男性2人が落下し重傷

関東地方は、非常に風が強く吹き、被害も出ている。
神奈川・小田原市の歩道で27日朝、桜の木3本が根元から倒れているのが見つかった。
強風で倒れたとみられるが、けが人はいないという。
また、神奈川・南足柄市では、強風の影響で塗装現場の足場が崩れた。
高さ4メートルほどの場所で作業をしていた男性2人が落下して、重傷だという。

強風被害 塗装現場の足場倒壊、男性2人が落下し重傷(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

解体中に倒壊 がれきや足場が商店街の通路ふさぐ

 25日午後2時ごろ、福岡市の商店街で解体中の建物が倒壊しました。今のところ、けが人はいない模様です。 倒壊事故があったのは福岡市早良区西新の中西商店街で、午後1時50分ごろ、「解体中の建物が倒れた」と警察に通報がありました。2階建てのビルが商店街の通路をふさぐ形で倒れ、作業用の足場などが散乱しています。警察によりますと、解体作業をしていた4人は無事が確認されています。他に巻き込まれた人がいないか救急隊員が確認作業を続けています。現場は、福岡市内でも比較的、大きな商店街で住宅街に隣接し、普段、人通りも多い場所です。

 

ABC WEBNEWS|解体中に倒壊 がれきや足場が商店街の通路ふさぐ

高層ビル建設現場、強風で高さ10mの足場倒壊

 23日午後3時頃、名古屋市中村区平池町で、建設中の高層ビル「グローバルゲート」の周囲に設置された足場(高さ約10メートル)が強風にあおられ、幅約20メートルにわたって倒壊した。

 施工する竹中工務店大阪市)によると、倒壊した箇所はウエストタワー(地上36階、高さ約170メートル)の南面。道路側に向かって倒れたが、工事現場の敷地内で、けが人はいなかった。現場の工事関係者は「風が強く、ガラガラと大きな音がして、気付いたら倒れていた」と話した。

 名古屋地方気象台によると、名古屋市内にはこの日、強風注意報が出され、同市では午前9時過ぎ、最大瞬間風速15・4メートルを観測した。

 グローバルゲートは名古屋駅南側の再開発地区「ささしまライブ24」にあり、豊田通商など5社が事業主となっている。オフィスやホテルなどが入居し、来年4月から順次開業する。

高層ビル建設現場、強風で高さ10mの足場倒壊 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE

 

クサビ式足場を安く販売する信和キャッチャー専門店

クサビ式足場のトップブランド信和キャッチャーAタイプ、Bタイプ(いずれも純正)を最大69%OFFで販売する足場材のネット販売が注目されています。特にはじめてクサビ式足場を購入する場合は、分かり易くお得なセット販売をしているのが特徴。住宅1棟分や、定番の3層5スパン、ローリングタワー等のほか、イベントに使えるやぐら組セットまで。詳しくは足場繁売.comにお問い合わせを! 問合せ:フリーダイヤル0120-887-995 平日9:00~19:00まで営業

足場から25メートル下に転落、男性作業員が死亡 東京都杉並区のマンション

 11日午前11時半ごろ、東京都杉並区阿佐谷南のマンションで、耐震補強工事用の足場から50代の作業員の男性が約25メートル下の地面に転落。病院に運ばれたがまもなく死亡が確認された。

 警視庁杉並署によると、男性は午前8時半ごろから計7人で足場を解体する作業をしており、13階建てマンションの9階付近の位置から転落したという。同署で身元の確認を進めるとともに、転落防止措置が取られていたか調べている。

足場から25メートル下に転落、男性作業員が死亡 東京都杉並区のマンション - 産経ニュース

瀬戸の病院工事、作業員が転落死

 14日午前9時ごろ、愛知県瀬戸市西追分町の公立陶生病院の新東棟建設工事現場で、作業中の同県江南市五明町、建設会の男性社員(37)が4階部分から、約4・5メートル下の3階部分に落下し、顔などを強く打って約1時間半後に死亡した。

 瀬戸署によると、仮設の床板が外れて落下した。ヘルメットは着用していたが、命綱は必要ない現場だったという。署が、床板が外れた理由を調べている。

 新東棟は現在の病院に併設して地下1階、地上9階の延べ床面積3万5900平方メートル。2019年8月までの工期で現在、3階部分までほぼ出来上がっている。

瀬戸の病院工事、作業員が転落死 :社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

足場から25メートル下に転落、男性作業員が死亡 東京都杉並区のマンション

 11日午前11時半ごろ、東京都杉並区阿佐谷南のマンションで、耐震補強工事用の足場から50代の作業員の男性が約25メートル下の地面に転落。病院に運ばれたがまもなく死亡が確認された。
 警視庁杉並署によると、男性は午前8時半ごろから計7人で足場を解体する作業をしており、13階建てマンションの9階付近の位置から転落したという。同署で身元の確認を進めるとともに、転落防止措置が取られていたか調べている。

足場から25メートル下に転落、男性作業員が死亡 東京都杉並区のマンション - BIGLOBEニュース