読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足場倒壊・事故のニュース

足場の倒壊や事故などのネットニュースをまとめています

強風の影響か 工事現場の足場崩れる 函館

2日未明、北海道函館市で工事現場に組まれていた作業用の足場が幅15メートル余りにわたり崩れました。けが人はいませんでしたが、警察は強風の影響と見て調べています。2日午前2時20分ごろ、函館市亀田町で自動車販売店の建設工事現場に組まれていた…

15階から足場落下=防止板当たり女性骨折-大阪

1日午前9時半ごろ、大阪市淀川区東三国のマンション15階付近から、外壁工事で使われていた足場が落下した。足場は3階付近の落下防止板を突き破り、外れた防止板が自転車で近くを通りかかった女性(74)の背中に当たった。女性は肋骨(ろっこつ)など…

作業員の男性が転落死 外壁工事中の足場崩れ 大阪

3日午後2時15分ごろ、大阪市鶴見区徳庵の市営住宅で外壁工事の足場が崩れ、作業員の阪本圭祐さん(23)=奈良県王寺町王寺=が転落、頭を強く打ち病院で死亡した。鶴見署が原因を調べている。 鶴見署によると、市営住宅は5階建て。約5メートルの高さ…

工事現場71か所で安全衛生法違反 ~秋田

秋田労働局は21日、「建設業重点監督月間」(7月1~31日)に、安全が確保されているか確かめるために立ち入り検査した県内の工事現場128か所204業者のうち、71か所140業者に労働安全衛生法違反があったと発表した。 労働局は、建設工事が増…

工事現場で足場の鉄板倒れる、女性が軽傷

19日午後1時半ごろ、東京・港区の工事現場で足場に使う鉄板が複数枚倒れ、歩道を自転車で走っていた女性がけがをしました。 警視庁によりますと、作業員が足場を組み立てるために鉄パイプを吊り上げていたところ、立てかけていた鉄板に鉄パイプが接触し、…

建設現場での落下防止、飛散防止に役立つメッシュシート

クサビ式足場の信和キャッチャー専門のネットショップ「足場繁売.com」では、建設現場で欠かせない2類飛散防止メッシュシートのサイズ・色を大幅に拡充した。 サイズはメーターサイズで、幅は1.8m・1.5m・1.2m・0.9m・0.6m、長さは5.4m・6.3m・6.7m・7.2m・7…

足場の安全点検をアプリ化を目指す

全国仮設安全事業協同組合(小野辰雄理事長)は、足場の安全点検表を電子化する「CC(点検表電子化)委員会」を設置した。7月施行の改正労働安全衛生規則に盛り込まれた安全点検の効率化を見据え、年内の完成を目指す。 足場の安全点検をアプリ化を目指す…

ホーチミン:7区高層ビル工事現場で足場崩落、2人死亡

10日午前6時半ごろ、ホーチミン市7区タンフォン街区グエンバンリン通り沿いで建設中の17階建て高層ビル「サイゴン・サウス・オフィス(Saigon South Office)」の工事現場で、足場が突然崩落し、作業員2人が死亡、5人が骨折などの重傷を負った。 事故発生当時…

横浜で足場解体中に落下、作業員の男性死亡

7日午前9時45分ごろ、横浜市緑区長津田町のマンションの外壁工事現場で、足場の解体作業をしていた千葉県船橋市の作業員、田中義寛さん(19)が7階部分の足場から約16メートル下に落下して全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。 緑署に…

建設現場労災事故が増加 昨年死傷者数前年比23%増 ベテラン減背景に

県内の建設現場で労災事故が増加している。長崎労働局のまとめでは、昨年の死傷者数は前年比23%増の215人(死者3人)で、過去5年間で最も多い。今年も5月末現在で、死傷者数は前年の同期に比べて9人増え、死者数はすでに昨年1年間より多い4人に…

事故原因は部品材料の欠陥か、トルコ・イズミット橋

トルコで建設中のイズミット湾横断橋で2015年3月に空中足場(キャットウオーク)が落下した事故は、部品の材料の欠陥が原因とみられることが分かった。施工者の親会社であるIHIが、6月25日の株主総会で明らかにした。 落下したのは、吊り橋の主ケーブルを架…

工事現場の足場から校庭に鉄の棒落下、女児けが

20日午前、東京・墨田区の小学校に隣接する工事現場の足場から鉄の棒が落ち、4歳の女の子の頭に当たる事故がありました。女の子は軽傷です。 20日午前11時ごろ、墨田区菊川の工事現場で、足場に置いてあった鉄の棒が隣接する中和小学校の校庭に落ち、…

建設現場の違反65・5% 14年度、10年間で最悪

県内の建設工事現場で労働安全衛生法に違反して施工している業者が二〇一四年度は65・5%と十年間で最悪となったことが厚生労働省福井労働局の調査で分かった。業界の技術者不足が安全対策不足につながったケースもあり、同局は「法令順守に加え、プラス…

労災事故防止へ建設現場を巡回 松山

5月中旬から約2週間で愛媛県内の労災死亡事故が4件と相次ぐ中、建設業労働災害防止協会愛媛支部は「えひめ建設安全の日」の10日、松山市千舟町2丁目などのマンション新築工事現場で公開パトロールを行った。 愛媛労働局や県、建設業者などの13人が指…

足場から転落死か 桃山の建設現場で事故

4日午後0時50分ごろ、紀の川市桃山町最上の紀の海クリーンセンター建設現場で、和歌山市新和歌浦の建設作業員の男性(33)が頭から血を流して倒れているのを他の作業員が発見した。男性は紀の川市内の病院へ搬送されたが、午後2時32分、死亡が確認…

足場倒れ5人けが 大阪「中之島まつり」の会場

3日午後4時15分ごろ、大阪市北区中之島1で開かれていた「中之島まつり」の会場で「負傷者がいる」と119番があった。大阪府警天満署などによると、鉄パイプなどで組んだ足場が倒れ、69歳の女性があばら骨を折るけが、50~58歳の男女4人が頭や背中を打撲す…

園児死傷の足場崩落事故、工事業者に有罪判決

3年前、埼玉県東松山市で工事用の足場が倒れ、保育園児2人が死傷した事故で、さいたま地裁は工事業者の元社長の男らに、執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。 この事故は、2012年、東松山市でマンションの外壁工事の足場が強風の影響で崩落し、下…

JR仙台駅構内の工事用仮設足場倒れる

JR仙台駅構内の工事用仮設足場倒れる 21日午前11時35分ごろ、JR仙台駅構内の東北新幹線高架下で、耐震補強工事用の仮設足場が倒れているのが見つかった。足場は東北線の線路脇に設置されていたが、線路と逆側に倒れ、列車運行に支障はなかった。J…

中国・浙江省で花見イベント見物客の足場が倒壊 17人死傷

中国・浙江省で、花見イベントのショーを見ようと、大勢の見物客が登っていた足場が倒壊し、17人が死傷した。倒壊したのは、鉄製の柱に網を張ったアスレチック器具で、よじ登っていた大勢の見物客が、そのまま地面にたたきつけられた。これは、浙江省で14日…

格納容器内の惨状 福島第一1号機

東京電力は十三日、福島第一原発1号機の原子炉格納容器内で実施したロボット調査で、最大で毎時九七〇〇ミリシーベルトの放射線量を計測したと発表した。人間がここにいれば、四十分ほどで死亡するレベルだが、東電は「想定したより高くなかった」と説明し…

浜松市で高さ25mの足場倒れる 風の影響か

13日午後、浜松市で倉庫の壁沿いに組まれていた高さおよそ25メートルの鉄パイプの足場が倒れました。けが人はいませんでしたが、当時、強風注意報が出ていて、警察と消防は風の影響で倒れた可能性があるとみて調べています。13日午後3時半すぎ、浜松…

事業許可制や経験者配置 ビル解体、安全策強化へ

昨年4月、神戸市中央区のビル解体現場で足場が倒壊し、通行人が重傷を負った事故から、3日で1年を迎えた。倒壊防止策を怠ったとして県警は3月、解体業者らを業務上過失傷害容疑で書類送検。建築物の解体工事数は全国的に増加傾向で、国土交通省は安全対…

台湾フォルモサ足場崩落事故を立件へ、サムスン社員24人は出国禁止

北中部ハティン省キーアイン郡ブンアン経済区で3月25日に発生した台湾フォルモサグループの足場崩落事故に関して、労働安全衛生を規定する刑法第227条に触れた点があるとして、同省警察はこれを刑事事件として立件する方向で捜査を進めている。 捜査にあたり…

人口減少は業界改革の“黒船”になりえるか!?

筆者は最近の講演会で次のように話している。「人材業界の直近の課題は、改正派遣法案成立後の事業のあり方であるのは当然としても、それ以上に人口減少が業界にもたらす負の影響は深刻の度を深めている。それをどう克服するかが大きな課題だ」と。派遣法施…

足場倒壊を防ぐには、壁つなぎなど必要な処置を

足場は、目的の取り仮設で建設現場で使用するもので、適切な施工を行わなければ作業中の事故だけでなく、足場自体の倒壊により歩行者や周辺建物に甚大なる損害を与える恐れがある。建物周辺の敷地が狭い都心部や中高層の建物に足場を組む際に必要となる器具…

鳶職人が足場組みの技競うグランプリ初開催

高所作業用の足場を組む技術や安全性を競う「第1回平尾杯争奪鳶(とび)-1GPin九州」が15日、みやき町の北茂安総合グラウンドであった。4チーム12人が参加し、日頃鍛えた技を存分に発揮した。 大会は足場組みなどを全国で展開する建設会社「平尾…

川転落の作業員死亡 埼玉・三郷

埼玉県三郷市三郷3丁目の大場川に架かる橋で、塗装工事中に足場から川に転落した男性が7日、東京都東久留米市前沢、建築作業員細谷吉二さん(64)と判明した。細谷さんは6日夜、死亡が確認された。死因は溺死だった。 県警吉川署によると、細谷さんは作…

20m転落、ベニヤ板がクッションに 一命取り留める

11日午後4時前、名古屋市北区若葉通3丁目のマンションの建設現場で、足場の解体作業をしていた男性作業員(25)が、7階付近の足場から約20メートル下に転落した。愛知県警北署によると、男性は地上に30センチほど積まれたベニヤ板の上に落ち、一…

足場倒壊事故 業者代表ら書類送検へ

去年4月、神戸市のビルの解体現場で作業用の足場が崩れて通行人の女性が大けがをした事故で、警察はワイヤーでビルの鉄骨を固定していなかったなどとして、解体業者の代表など4人を業務上過失傷害の疑いで書類送検する方針です。去年4月、神戸市中心部の…

足場墜落防止を強化/安衛則 7月施行安全帯の使用義務化

厚生労働省は5日、建設工事現場の足場からの墜落事故防止措置を強化する改正労働安全衛生規則(安衛則)を公布した。足場の組み立て・解体・変更作業時に事業者が講じる墜落防止と飛来・落下防止措置の対象を、現行の高さ5m以上から高さ2m以上の構造の…

足場議連、改革推進基本法議員立法目指す

衆参議員の有志からなる「建設現場における墜落災害撲滅・安全足場設置推進議員連盟(足場議連)」は24日、衆議院第一議員会館で第5回総会を行い、建設現場における安全な労働環境の実現を図る「建設職人の安全と地位を向上させる改革推進基本法(仮称)」の…

通行人女性重傷の足場倒壊事故、解体元請け会社代表を書類送検 神戸東労基署

神戸・三宮のビル解体工事現場で昨年4月、足場が倒壊し、女性が重傷を負った事故で、神戸東労働基準監督署は24日、労働安全衛生法違反容疑で神戸市北区の解体工事元請け会社代表の男性(48)を書類送検した。同監督署によると、容疑をおおむね認めてい…

足場倒壊事故:元請け代表者を書類送検へ 神戸東労基署

神戸市中央区のビル解体工事現場で昨年4月、足場が倒壊して通行人2人が重軽傷を負った事故で、神戸東労基署は、工事をしていた元請け会社(同市北区)の男性代表者(48)を労働安全衛生法違反(作業主任者の未選任など)の疑いで今週、書類送検する方針…

首都高火事で橋桁の損傷状況調査

東京・江戸川区の首都高速道路で、塗装工事用の足場から火が出て作業員の男性2人が死亡した火事で、首都高速道路会社の社長などが18日、現場を訪れ、通行止めが続く下りの橋桁の損傷状況などを調査しました。 この火事は、16日、江戸川区の首都高速道路…

首都高火災で主桁2本が変形、構造の健全性調査へ

首都高速7号小松川線の高架橋(東京・江戸川)で、塗装工事中に発生した火災により、下り線の主桁の一部に変形が生じていることが分かった。首都高速道路会社は、火災発生の翌日である2015年2月17日の午後8時までに上り線の通行を再開した。しかし下り線は引…

東松山の園児死傷事故 初公判  両親「足場の安全、再度考えて」

東松山市で二〇一二年三月、工事用の足場が倒れ、下敷きになった保育園児二人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた建設会社元社長の細野好記(よしぶみ)被告(57)と作業員の男二人の初公判が十七日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)であり…

足場組立て解体作業者/特別教育の内容明示/厚労省の規定改正案

厚生労働省は、7月1日施行の改正労働安全衛生規則に盛り込む、足場の組み立て・解体・変更の作業に就く労働者に対する特別教育の義務化に伴い、同労働者が受講する特別教育の内容を、安全衛生特別教育規程改正案としてまとめた。 内容は足場と作業方法、工…

首都高の足場火災 研磨の火花が引火の可能性も

16日、東京・江戸川区の首都高速道路で、塗装工事用の足場から火が出て男性作業員2人が死亡した火事で、当時、現場では工具を使って橋桁の塗装面を研磨する作業が行われていたことが分かり、警視庁は、研磨で出た火花がシンナーなどに引火した可能性もあ…

強風の影響か 郡山市で工事現場の足場傾く(福島県)

県内では強い風が吹き荒れ、郡山市では、工事の足場が傾く被害がでている。*記者リポート「工事の作業用足場が強風のためか倒れかかっています。電話線に引っかかり道路までは倒れていませんが危険な状態です」工事用の足場が傾いていたのは、郡山市桑野に…

台湾で足場倒壊の瞬間捉えた監視カメラ映像

台湾で、12階建てのビルの外壁の修復のために組まれていた足場が突然、倒れ、けが人はありませんでしたが、地元のメディアは、「九死に一生」の映像だなどとして、その瞬間を捉えた監視カメラの映像を大きく伝えています。 23日午前、台北市の中心部で、…

新幹線高架下火災、16本運休…6万2千人影響

火は約1時間後に消し止められたが、線路脇の信号ケーブルが一部損傷。京都―新大阪間で上下線とも始発から運転を見合わせ、上りは同7時30分、下りは同8時54分に運転を始めた。午前中だけで、16本が運休、94本が最大3時間遅れ、約6万2000人に…

バンコクの高架鉄道建設現場で足場崩落、9人負傷

【タイ】20日午後4時50分ごろ、バンコク都ラクシー区のショッピングセンター、ITスクエア前の高架鉄道建設現場で、鉄製の足場が崩れる事故があり、作業員9人が重軽傷を負った。 事故があったのはバンコク首都圏の鉄道新路線「レッドライン」の建設現…

仮設足場で多い事故の特性とは

建設現場で多く発生する事故のうち、発生数が多い仮設足場に関連する事故についてその特性をまとめてみました。重大な事故につながる人の墜落・転落は2つに分けられます。一つは、足場の組立や解体作業中に作業員が墜落・転落するケース。手摺の無い場面で…

建設現場で発生する墜落事故のうち最も多いのが足場からの転落

建設現場で発生した労災認定された死亡事故のうち、墜落が原因の事故は約4割を占めている。平成25年では、墜落事故で160人が死亡しており、その墜落箇所は①崖・斜面、②窓・階段・開口部、③スレート・波板等から踏み抜き、④梁・母屋、⑤屋根・屋上、⑥足場など…

強風で崩れかけた建物解体現場の足場=北九州市

九州、元日は大雪の恐れ 強風で交通に乱れも 急速に発達する低気圧の影響で、九州地方は31日から1月2日にかけて、各地で非常に強い風が吹き、山地を中心に大雪になる恐れがある。3日にかけても強い冬型の気圧配置となるため、気象庁と国土交通省は31…

建設現場で足場倒壊 男性1人転落

建設現場で足場倒壊 男性1人転落 1日午後、大分駅近くのマンションの建設現場で足場が倒れる事故があり警備員の男性1人がけがをしました。現場の作業員は「強い風が吹いた後足場が倒れた」と話しています。 事故があったのは大分駅のそば大分市要町 (2014/1…

車道にはみ出した足場にクルマ衝突、作業員が転落で死亡

23日午後1時ごろ、石川県金沢市内の県道を走行していた乗用車が、道路沿いの建物に設置されていた鉄製の足場に突っ込む事故が起きた。この事故で足場が倒壊して男性作業員が転落。収容先の病院で死亡している。 石川県警・金沢東署によると、現場は金沢市北…

強風に見舞われた室蘭、あわや10メートルの足場倒壊

室蘭地方は17日、強風に見舞われ午後3時54分に最大瞬間風速25・7メートル、苫小牧市では午前0時14分に19・9メートルを記録した。室蘭市輪西町では強風で、高さ10メートルの足場が倒れそうになり消防士や警察官が駆けつけ倒壊を食い止めた。 …

山口高校で足場倒壊、台風18号の影響

県や施工業者の「山下砂利」(山口市)によると、10月6日未明、解体中の理科棟を取り囲む高さ約12メートルの足場、約114メートルのうち、約36メートルが倒壊した。台風18号による強風によるためで、倒壊したのは解体工事防音対策のための養生足場(…

男児死亡の足場倒壊事故 さいたま地裁、設置会社社長らを起訴

2012年3月、埼玉・東松山市の工事現場で足場が倒れ、保育園児2人が死傷した事故で、さいたま地検は、足場の設置を請け負った会社の社長ら3人を、業務上過失致死傷の罪で起訴した。この事故は、2012年3月、東松山市で、マンションの外壁工事の足場が強風で倒…