読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足場倒壊・事故のニュース

足場の倒壊や事故などのネットニュースをまとめています

足場解体作業主任者置かなかった業者を送検

ことし(2010年)2月上旬、和歌山市内の飲食店の入った建物で改装工事の足場を外す作業中に作業員が転落して死亡した事故で、業者が法律で定められた作業主任者を置かずに作業をしていたとして、和歌山労働基準監督署は、きょう(22日)この業者を労働安全衛生法違反の疑いで、和歌山地方検察庁書類送検しました。書類送検されたのは、和歌山市の山口建材の57歳の男性事業主です。和歌山労基署によりますと、ことし(2010年)2月9日、和歌山市内の飲食店の入った建物で、改装工事の足場を解体する作業中、当時62歳の男性作業員が転落して死亡しました。事故当時、山口建材は、法律で定める足場の組立てなどの技能講習を修了した作業主任者を置いていませんでした。労基署は、労働安全衛生法違反の疑いがあるとして、きょう(22日)和歌山地検書類送検しました。

(情報元:wbs和歌山放送)