読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足場倒壊・事故のニュース

足場の倒壊や事故などのネットニュースをまとめています

鳶職人が足場組みの技競うグランプリ初開催

 高所作業用の足場を組む技術や安全性を競う「第1回平尾杯争奪鳶(とび)-1GPin九州」が15日、みやき町の北茂安総合グラウンドであった。4チーム12人が参加し、日頃鍛えた技を存分に発揮した。

 大会は足場組みなどを全国で展開する建設会社「平尾化建」(本社・大阪府)が主催。有効求人倍率が全国平均で6・85倍と、なり手不足が深刻な鳶職の世界をアピールし身近に感じてもらおうと、初めて開催した。同社と新興建築(福岡県)、信和サービス(同)、REGOLITH(長崎県)の計4社が出場した。

 競技では2階建て住宅の建設時を想定し、3人1組で足場を組んだ。参加者は事前に渡された図面を見ながら、足場の部品となる柱や板を配置。役割分担をしながら手際よく組み立て、高いところでは9メートルにも達した。審査員が服装、作業内容、安全性、完成度、組み上がった順番などを点数化し、順位をつけた。

 平尾化建の平尾栄助(しげひろ)専務は「将来への技術継承が危ぶまれているだけでなく、人手が足りず現場が回せない地域もすでに出始めている。大会を継続的に開催し、規模も大きくしていきたい」と述べた。

 

鳶職人が足場組みの技競うグランプリ初開催|佐賀新聞LiVE