読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足場倒壊・事故のニュース

足場の倒壊や事故などのネットニュースをまとめています

新幹線橋脚工事現場で足場崩れる 8人けが 大阪

 4日午前3時半ごろ、大阪市淀川区加島4丁目の山陽新幹線高架下の橋脚塗装工事の現場で、「足場が崩れ、けが人がいる」と現場監督の男性から119番通報があった。大阪府警によると高さ約7メートルの足場から作業員9人が転落。30代の男性が頭蓋骨(ずがいこつ)骨折の重傷を負ったほか、20~40代の男性7人も打撲などの軽いけがをしたという。

 淀川署によると、現場は神崎川河川敷の新幹線高架下。作業員13人が3日午後11時ごろから工事のため足場を組み立てていたところ、高架の側面と足場のパネルをつなぐチェーン4本が切れ、パネルが縦約3・8メートル、横約7・2メートルにわたって垂れ下がった。パネル上では9人が作業しており、全員が河川敷のコンクリート上に転落したという。うち1人はけがはなかった。

 パネルには足場を組むための資材も載っており、同署は重さでチェーンが切れた可能性があるとみて詳しい状況を調べている。

 工事はJR西日本が発注し、同社協力会社の下請け会社が行っていた。JR西は「詳細は調査中だが、早急に原因を究明し、再発防止に努める」としている。橋脚や線路への影響はないといい、山陽新幹線は始発から予定通り運行した。

新幹線橋脚工事現場で足場崩れる 8人けが 大阪:朝日新聞デジタル